そこに雨漏りがある限り。あらゆる雨漏りを必ず止めます!
HOME > 雨漏りQ&A

雨漏りQ&A

何故雨漏りするのですか?
建物は、多業種の分業制により完成されます。経年での劣化によるものも含め、水の浸入を防ぐ機能を有した部材の連続性(接着やラップや穴)が損なわれた時に漏水します。
いつもは雨漏りしませんが、強い雨風や台風時だけ雨漏りするのですが何故でしょう? 
通常時の雨は、垂直落下や斜め程度ですが、強風時は、同じ垂直方向でも上方へ立ち上るものや本来流れてしまう水が風により滞留したり、台風などの気圧差がある場合は、壁内を含めた室内側との気圧差で毛細管現象が起こりやすい状況が発生します。
日常での傾斜や引力を想像すると想定外と思われる事象が発生することがあります。
2階は雨漏りしてないのに1階が雨漏りするのですが?
水の侵入口がバルコニーを含む上階サッシ横や下部、1階2階を分ける胴差し(幕板)部分や2階外壁接合部や割れの場合、木造住宅や鉄骨住宅の様な空間を多く持つ柱を主体とする構造の場合、1階のみで漏水する場合があります。
また、1階が店舗などで、電飾看板などを屋上階に設置し、電源を1階店舗より引いているなどの特殊な場合も、電線を伝い漏水することがあります。
窓のあたりから少し水が漏れているような気がします。雨漏りですか? 
窓まわりの場合、水のシミ跡や窓まわりを飾る枠材の変異などを十分に確認する必要があります。近年の空調の性能や健康を考えた加湿、また、断熱性能によって結露の場合もあります。
外壁に細かいひびが入ってますが、雨漏りはしていません。雨漏り診断の必要はありますか?
瑕疵保険がクローズアップされた現在においては、防水を目的とした2次防水層(透湿防水紙やアスファルトフェルト)の重要性が周知され、施工においても管理されていますが、以前の施工においては、施工の意味を分からなまま施工する事や材の強度不足によるイレギュラーな施工などが散見されます。
1次防水層である外壁やシール材に変異が見られた場合、安心を得る為や修繕費を抑える予防保全のためにも調査依頼をする事をお勧めします。